2013年06月26日

ポケット図解 ケインズの経済学がよくわかる本

ノンフィクション・ライターで「プランニング・ファクトリー サイコ」代表でもある、中野明(なかの あきら)さんが書かれた本です。

ケインズの名前は知っていても、ケインズ経済学の理論はあまりよく知らない方も多いと思います。

全部で7章から構成されるこの本は、

第1章の「ケインズとは何者か?」というところから始まり、

第2〜6章では「ケインズの一般理論」の有効性と限界、失業・不況のメカニズムなど、ケインズ経済学のエッセンスを解説、

第7章の「ケインズ経済学と日本の停滞感」では、日本の現状と、今後の日本がとるべき施策についての提言が示されています。

各章の項目は見開き2ページ(左ページ:文章、右ページ:図解)でコンパクトに解説されています。

むずかしい計算式などは登場せず、図解による説明がほとんどで、わかりやすい内容だと思います。

経済学部や商学部の学生さんであれば、ケインズ経済学とはどういうものか、ということを(アバウトでもいいので)知っておけば、就活においてトクすることはあってもソンすることはないと思います。

ケインズの経済学がよくわかる...

ケインズの経済学がよくわかる...
価格:840円(税込、送料別)


posted by やっちゃん at 12:27| ビジネス本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。