2013年06月21日

30分でわかる決算書 平成22年度改訂版

税理士の西村昌彦(にしむら まさひこ)さんが書かれた本の最新版(平成22年度改訂版)です。

「決算書」と聞くと「むずかしい」・「専門用語が多くてわかりづらい」という苦手意識がある方もいらっしゃるかと思いますが、

この本は「30分でわかる」のタイトルどおり、ページ数も多くなく(全部で102ページ)、むずかしい計算も登場しません。

また専門用語も登場するたびにわかりやすく説明してくれています。

この本では、架空の企業「千代田商会」の決算書をもとに、決算書の各項目について説明していますが、

実在する企業の決算書とくらべながら読めば、決算書で見るべきポイントがさらに理解しやすくなり、苦手意識もなくなるのではないでしょうか。

就職を希望する会社の売上高や資本金・社員数などを把握(はあく)している就活生は多くても、その会社の決算書に書かれている内容について答えられる人はほとんどいないと思います。

そういう意味では、この本を読んで決算書に関する知識を入れておけば、ほかの就活生より一歩リードできるかもしれません。



posted by やっちゃん at 04:51| ビジネス本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。